火災保険はどうやって入る?地震保険の特約は必要?

必要な補償を付け不要な補償を外す

保険に加入するとき、外交員などに見積もりをしてもらうときとネットを利用するときがあります。生命保険などはネットを利用する人も増えています。火災保険に加入するときはどうかですが、一応ネットからでも加入できます。しかし、わかりにくい部分もあるので、外交員に見積もってもらう方が良いかもしれません。外交員の見積もりでは、一般的な見地から必要な補償を付けてくれています。そのため必要な補償が無くて不要なついている可能性があります。選び方としては、何が必要か、何が不要かを認識します。基本部分としては、火災、落雷、破裂爆発などがあります。近くに川があれば水災がいるでしょう。豪雪地帯で無ければ雪災は不要でしょう。風災なども環境によって付けたり減らしたりします。

地震保険の特約を付けるか付けないか

日本は地震大国です。過去にも大きな地震が起きていて、将来的にも起きるとされています。建築基準法では耐震基準などが設けられていますが、あくまでも過去の基準に基づいて決められています。それ以上の地震が来るかもしれません。地震が来た時に不安になるのは住んでいる住宅、家財などの補償です。地震のみを補償してくれる保険がないため、火災保険の特約として加入しないといけません。ただ、地震保険は特殊で、火災保険の補償額の50パーセントしか補償額が設定できません。十分補償が受けられない可能性があります。選ぶときには、受けられる補償額と保険料をチェックする必要があります。

火災保険とは、損害保険のひとつで火災や落雷、風災などによって建物や家財に損害を被ったときに補償される保険です。