初心者必見!損失を押さえつつ信用取引の経験を積むための心得

信用取引は初心者にはハイリスクな投資手法

レバレッジによる資金効率の良さと空売りができるという点から、信用取引は株の投資において珍重されています。しかし、投資の世界ではリターンとリスクは表裏一体であるため、得られる利益が大きくなる分、信用取引においては損失額も高まってきます。株価には上限額が存在しないため、値上がりが損失となる空売りにおいては理論上ではその損失額は無限大になると聞けば、リスクの大きさが垣間見えることでしょう。従って、信用取引で利益を得るに当たっては、利殖の確度が高い明確な理論に基づく取引手法と経験が重要になってきます。そのため初心者には敷居が高く、結局は一生信用取引には携われないような気さえしてきますが、信用取引も運用次第では、リスクを最大限押さえつつ経験を積むことも可能なのです。

信用取引でリスクを押さえる手法とは?

初心者が信用取引を行う際に注意しておくべき最大のポイントは、「必ず現物取引とセットで運用する」という点です。信用取引のみで利益を得るためにはプロ並の技量が必要ですが、現物取引のサポートとして信用取引を行えば、リスクはぐっと下がります。例えば、株価が上昇し続けている銘柄を手仕舞いして利確するのではなく、銘柄は保持したまま空売りを行うことで、擬似的に利確することができます。株価が上昇し続ければ、信用取引単体では損が出ますが、現物買いのポジションで利益が出続けるため、完全に損利が相殺されてしまいます。株価の方向性が定まった後に片方を手仕舞いすれば、そこから利益を積み重ねることもできるなど、現物買いと空売りを絡めることで利益を増やす可能性を拡大させることができるのです。

信用取引の費用の支払いのタイミングは、それぞれの仲介先の業者のシステムによって、わずかな違いが出ることがあります。