あなたはどうする?子供が不登校になったら

不登校のサインを見逃すな!

子供が突然不登校になってしまったら?親としてはこんなに心配なことはないはずですよね。特に小学校高学年や中学生ともなると多感な時期でもあるのでなるべく早く解決したいと思うのは当然のことです。「学校に行きたくない」と子供が言い出したら、それはひとつのサインです。親は行きたくないとは言っても、実際には通っているのだから大丈夫、と悠長に構えていてはいけません。いつのまにか本当に不登校になってしまうことも少なくはないからです。

解決への大切な第一歩とは何か?

では、そんな子供に対してどのように接したらよいのでしょうか。まずは慌てふためくことなく子供の話をきいてあげてください。原因は些細なことかもしれませんが、子供にとっては重要なことです。親は子供の気持ちに寄り添って、同じ視点から物事を見ることが大切です。

先生との連絡はしっかりと

子供が学校に行くのを嫌がったら、無理に行かせることはありません。あまり生活のリズムを崩さないよう家事などの役割分担を与えましょう。その間に学校の先生との連絡は密にとってください。そして子供の生活が落ち着き始めたら、先生やクラスメイトから声をかけてもらってはどうでしょうか。

子供を長い目で見守る大切さ

それがきっかけとなって学校に行き出すという子供もたくさんいます。いきなりクラスに復帰するのが難しければ、最初は保健室登校から始めてみましょう。大切なことは、たとえ不登校になったとしてもあなたは大切な子供に変わりないということをしっかりと子供に理解させることです。不登校の生徒にとって親が長い目で見守ってくれることは、信頼を確かられる心の拠りどころとなるでしょう。

不登校とは、考え方や価値観の違いから周囲と打ち解けることが出来ず、他人と社会生活を送ることが困難になった子どもが起こす行動の一つです。頭痛や腹痛、不眠を伴う症状や鬱状態が起こるケースが多いです。