利益拡大のチャンス!信用取引を使った投資方法

そもそも信用取引とは?

株式投資において「信用取引」という言葉を聞くことがありますが、そもそも信用取引とは一体なんなのでしょうか。一言で言うと、持っている資金以上の投資を行える取引方法です。自分の信用を担保に金融機関からお金や証券を借りて、それで投資を行うため、信用取引と言います。

持っている資金以上の投資が出来る

それでは信用取引ではどのような取引方法があるのでしょうか。最も一般的な信用取引の投資方法は、自分が持っている資金以上の額を投資することです。例えば、手元に100万円しかないとします。これでは100万円分までの投資しか行うことが出来ません。しかし信用取引では手元にある資金の3倍までの額を投資することが出来ます。株価が上がりそうだけど手元にお金がない、という場合には非常に役に立つので、投資の機会を大幅に増やすことが出来ます。

株価が下がっても利益を出すことが出来る

信用取引では株価が下がっている時にでも利益を出すことが出来ます。信用取引はお金だけでなく、証券を借りることも出来るのですが、そのため買いからではなく、売りから始めることが出来ます。売りから取引を行うと、売った時の株価と買い戻した時の株価の差額が利益となるので、株価が下がれば下がるほど利益が発生します。しかし、逆に売りから取引を始めた場合に、その後株価が上昇したら損失になってしまうので注意が必要です。株価が上がりそうな時は現物取引を行い、株価が下がりそうな時には信用取引を行う、というように投資方法を変えることが大切です。

信用取引の担保は、FX取引や株取引をする時に、保有する通貨や株を担保にして、より多くの投資を行うのが信用取引で、その時の株や通貨の価値が担保で、担保価値によってより多くの取引ができます。