受験勉強も必要な国家資格もある介護の仕事

介護の仕事を始めるには

福祉や医療業界と同様に資格の多い介護業界も資格業界と呼ばれ、その資格によって活躍の場を広げられるのもご存知ですよね。介護の仕事を始めるには、福祉系の大学もしくは養成施設を卒業するほか、介護職員初任者研修を受けることが必要です。

介護職員初任者研修修了者は資格保有者

介護職のスタートとなる介護職員初任者研修は130時間のカリキュラムを最短約1ヶ月で修了できる比較的容易な研修です。これを修了すれば、要介護の高齢者の方の食事や入浴などの身体介護、掃除や買い物の付き添いなどの生活援助の仕事が始められます。

次のステップ介護職員実務者研修

介護業務を続けながら次に、介護職員実務者研修を受講し修了することで介護に関する専門知識が向上はもちろん、医療ケアを学べ3年以上の実務経験を積むと、介護業界唯一の国家資格の介護福祉士試験の受験資格を得られるんです。試験はそれなりにハードルが高いため、それ相応の受験勉強が必要となり、これに合格するとプロの介護士と認められサービス提供責任者やほかのヘルパーの指導など活躍の場も広がります。

介護業界最高峰のキャリアを取得

実務者研修修了後5年以上の実務経験を積むと、介護業界で最高峰と呼ばれている介護支援専門員の受験資格を手に入れることができます。介護支援専門員は、介護だけでなく福祉に関することなど幅広い分野での知識が必要となり、かなり難易度の高い試験に合格しなくてはなりません。

合格を目指す受験勉強には

それぞれの受験には受験勉強が必要となり、独学でも可能ですがこれまでの試験の傾向などを知るうえでも、講師から直接学べる通学型の講座や自宅で学べる通信型の講座を利用するのが望ましいでしょう。いずれも数ヶ月に渡る長期な講座や試験直前に数週間受ける講座もあるのでライフスタイルに合った講座が選べます。

実務者研修は、介護業界で働く人のための研修です。450時間からなる研修で、介護福祉士国家試験の受験資格のひとつです。